メインイメージ画像

保育士の資格を役立てることが出来る保育所での事務の求人について

保育士として働きたいと思う方には、子供が好きで子どもたちと遊ぶのが楽しいと感じる事の出来る方は多くいらっしゃいますが、そうなるとこういった自分の特性を仕事について生かしたいと考えることもあります。子どもと関わる仕事の代表格といえば保育士などの教育関係ですが、少子化に伴い住宅地では簡単には仕事に就くことは出来ないでしょう。

故に、保育士の資格も持っていて子供が好きな方でも、働く場面がないからと保育士以外の職に就かれている方も大勢いらっしゃいます。そうした方は時間が経てば経つほどまた保育所への就職が困難になるのですが、一般職を経験したからこそ転職がしやすい保育所という場合もあります。

多くの保育所においては資金がギリギリの状態で運営されているので、園長などが事務を行っているケースが多く見られます。しかし、時としてそういった保育所の中でも事務員に関する求人が募集される事があります。保育所での事務作業は入園時期における親への対応など沢山の業務を行うことになりますが、給与計算など一般企業と似たような技術も必要になるので、事務経験者は格別に重宝されます。

またこうした保育所での事務募集では保育補助という項目が付加されている事が多いのが特徴です。保育補助とはその名の通り保育の補助をすることですが、事務の仕事が完了した時などは子供のケアなど保育士と同じ仕事をすることが許されています。このように保育士の資格を持っている方ならば、こうした保育補助ありの求人に応募する事も出来ます。

身につけた事務作業の技量を生かしつつ、夢だった保育士の仕事でのやりがいを感じられる非常に魅力的な業務なので、募集のあった際にはぜひ一度ご検討下さい。しかし、こうした求人はいつでも募集されていないケースもあるので、注意が要ります。保育士専業の転職サービスなどにエントリーし、キャリア助言者などからの新鮮な情報を仕入れるなど、しっかりとした対策をしなければなりません。